クリニックロゴ

​心療内科・精神科に行く基準

心療内科・精神科に行く基準

 内科クリニックに比べて心療内科や精神科は受診ハードルが高いように感じられることが多いと思いますが、結論から言いますと、ちょっとしたことで受診して良いです。受診してみて、「病気ではないですよ」「治療は必要ないですよ」という結論だったら何よりだと思いますし、少しの内服や休養、カウンセリングで良くなる程度の時期に来てもらえたら治療が難渋しなくて済むので医師としても楽なのです!

 

そうは言っても真面目な患者さんの中には基準がないと受診しにくいという方もいらっしゃるかもしれないので、よつば加納クリニック流の受診基準を作りました。

 

質問 主な症状は下痢便秘、頭痛、しびれなどの身体の症状ですか?それとも気持ちが落ち込む、眠れない、変な声が聞こえる、物忘れが多いなど、その他の症状ですか?

→身体症状の方は心療内科へ

→その他の症状の方は精神科へ

 

以上です。

 

このページを見て受診するかしないか悩んでいる時点で、ある程度は困っていたり心配だったりするのだと思います。ですので、大まかにどちらに行けば良さそうか、だけ分かればOKです。何を話せばいいか分からない、という方もいらっしゃいますが大丈夫です。こちらから必要な質問はしますので、困っているならとりあえず受診すればよいです。

 

よつば加納クリニックでは心療内科・精神科いずれも対応致します。しっかり身体疾患の検査もして、もし別の診療科に行った方が良さそうな場合はご紹介しますので、お気軽にご相談下さい。