クリニックロゴ

精神科の入院について

精神医療について知っていただく事で、少しでも余計な不安や心配を減らすことができればと思い入院についてまとめました。

 

入院の種類

 精神科病院にはいくつかの入院形態があります。簡単に説明しますと以下の通りです。

(概説なので細かい規定は省いています)

  • 任意入院

他科の入院と同じです。精神疾患で入院治療が必要な方が「入院して治療を受けます。」と自分で判断した場合に任意入院となります。任意ですので退院も基本的に自由です。責任ある行動や判断ができる状態の方はこの入院形態となります。例外的に病状によっては72時間を上限に退院を制限されることがあります。

  • 医療保護入院

精神疾患のため入院治療が必要と精神保健指定医(精神科の国家資格者)が判断しているが、本人は病気の影響等で治療を受けるかどうか、治療が必要かどうかの判断ができず、家族が代わりに入院判断をした場合は医療保護入院になります。理解判断能力が病気によって影響を受けているという点がポイントです。

  • 応急入院

医療保護入院に該当する状態の方で家族と連絡がつかないなどの理由で医療保護入院にできない時、72時間に限り家族の同意なしに応急入院となる場合があります。時間内に別の入院形態に変更できない場合は退院となります。

  • 措置入院

精神疾患のため自分や他人の身体、財産に影響するような行動がみられる方で、2名の精神保健指定医の診察の結果、いずれも入院が必要と判断した場合は措置入院になります。本人や家族の同意は不要です。知事命令の入院となるため、医療費は無料となります。夜中や休日などで名の精神保健指定医による診察が難しい場合は、一旦1名の指定医診察のみで緊急措置入院とする場合があります。そののち、できるだけすみやかに2名の指定医による措置診察が行われます。

  • 医療観察法の入院

精神疾患が原因で重大な他害行為を行い、治療が必要と判断された場合は医療観察法の入院になります。通常の入院とは扱いが異なるため、ごく一部の限られた病院でしか対応はできません。

 

何のために強制性のある入院制度があるのか

 これらの入院制度はあくまでも、精神疾患の患者さんが治療や保護を受ける権利を保障するためにあります。精神疾患は思考判断力に影響を及ぼすことがあり、本人の自由意志に委ねてしまうと必要な治療などが受けられない場合があるのです。例えば配偶者に対する嫉妬妄想が生じたケースで説明します。明らかに真実ではない状況で「妻が誰それと不貞行為をしている」などと信じ込み、時には暴力等に発展する場合があります。本人に治療を受けるよう説得しても、「不貞をしている妻が悪い、なぜ俺が薬を飲む必要があるのか」と聞く耳は持ちません。ここで本人の意思を尊重して治療を受けさせなかった場合、家族関係は破綻し、いつまでも患者さんは妄想に支配されて生活をすることになります。このように精神疾患が原因で、治療や保護の必要性を本人が理解できない場合は多々あるため精神科には強制的な入院の制度があるのです。入院はあくまでも治療のための方法の一つであり目的ではありません。入院をすることが患者さんの治療のためになるかどうか、というところが基準になると考えて頂ければ概ね間違いないと思います。

 

理解判断能力がある患者が入院を拒否した場合

 精神疾患はあるものの、理解力や判断力が影響されていない方の場合は、強制入院は成立しません。たとえ症状が強く出ていても、自分の置かれている状況や治療の選択肢、治療を受けなかった場合の結果を理解した上で、入院以外の治療選択をする場合は本人の意思が尊重されます。その結果、人に迷惑をかけてしまったり、法に触れたりした場合は法律に則って対処されます。

 

間違いに備える制度があります

 本当は任意入院にすべき人を医療保護入院にしてしまったり、必要以上に行動制限をしてしまったりしていることが絶対に無いとは言い切れないため、患者さんや家族が入院や行動制限に納得できない場合は、退院請求という制度を利用することができます。強制入院の際には必ず患者さんに告知する決まりになっており、病棟内の公衆電話横などにも相談先を掲示することが決められています。退院請求をすると、県から精神保健指定医や弁護士が派遣され、適切な対応を行っているか調査してもらうことができます。

 

精神科はどうして入院が長期になりやすいのか

 いくつか要因があります。

①患者さん自身に病気であるという自覚がない場合があり(病識がない、と表現します)内服などの治療指示に従って頂けない場合があるため、説得や教育に時間がかかることがあります。

②病気によっても違いますが、効果が出るまでに時間がかかるお薬が多いことも原因です。例えば抗うつ薬は飲んだ翌日に効果が出て元気になるわけではなく、十分な量投与してから4週間程度経たなければ効果判定が難しいです。最初は少量で副作用が出ないことを確認したうえで、徐々に増量していきますので、十分量投与できるようになるまでにも時間がかかります。

③病院で調子が良くても自宅環境で調子が崩れないとは限らないため、入院中に試験外出や試験外泊を行って再発がないことを確認したうえで退院しなければならない場合があります。

④退院支援に時間がかかることがあります。退院する住所がない場合や、生活できる経済力がなく生活保護申請をしないといけない場合があります。家族が不安がって退院に消極的な場合もあります。退院後にサービスを利用するため介護保険の申請や、障害福祉サービスの利用申請が必要な場合もあります。(手続きに1ヶ月以上かかります)

一番大切なことは主治医との関係性(※個人的な意見です)

これは外来でも入院でも当てはまることですが、個人的に最も大切だと思うことは主治医が信頼できるかどうか、だと思います。精神分野は画像や血液検査で病気の原因や改善度が分からないため、基本的に主治医の見立てを基準にして治療が進みます。患者さんが意見を主治医に伝えることができ、「理解してもらった上で治療をしてくれている」、「この先生はちゃんと自分を良くするために最善を尽くしてくれる」と感じられれば不安もずいぶん和らぐのではないでしょうか。人間ですから相性もあります。たとえ主治医が良い方であっても、なんとなく合わないと感じる場合はあります。そういう時は主治医を変えてみることもひとつの選択肢だと思います。病状的に主治医を変えない方が良い場合もありますが、その時は主治医がちゃんと伝えてくれると思います。